東京浅草にある和装小物、和小物、バッグ、草履、巾着、がま口など製作の池田工芸

[受付時間 ] 10:00~17:30
03-3851-7739
ちりめんで巾着袋など和小物の卸をご希望の方へ

お客様の声

娘の成人式の着物は草履がセットについていますが、その草履は小さく感じました。店員さんは、かかとが草履から飛び出しているのに、少しは、そのようになります。足が草履に入らないことは、鼻緒を引っ張るようにすると入りますと説明されましたが、着物の草履というものはそんなものなのですか?草履が入らないと足が痛くて我慢できないとか言う事にならないのでしょうか?

草履は足にぴったりのサイズではなく、小さめの方が良いと言われています。
脱いだ時に小さい草履が可愛らしいとか・・・・見た目的には大丈夫です。おかしくはありませんが、
サイズ違いでは履いていられませんね(靴のサイズが23.5~24.0cm、草履のサイズはLサイズで大丈夫です)
難しい場合は草履とバッグだけ別買いされた方がいいですね。
いい草履(礼装用とか)の鼻緒は、指と指できゅっと挟むくらいの感覚、やや後ろ目に履くときつくなく、
歩き方も着物姿に合ったしとやかな歩き方になってくるようです。

はじめて お茶会に、着物で客として伺う事になりました(21歳です) 持ち手のついた利休バッグが素敵と思っていますが?持ち物が多いと小さいのではと?

利休バッグは、お茶会に最適です。結婚式、パーティーなどにも使えます。
ふくさと懐紙は襟元に入れ、扇子は帯と左胸のわきあたりに挟んでいくといいですね。
指輪や腕時計はしてないと思いますが、和装では帯留めはしていけないと言われています。
万が一茶道具に触れてはいけないからです。
扇子(茶道用)、懐紙と黒文字、小茶巾入れ、古袱紗、袱紗、袖落とし、風呂敷
持ち物は、このようなものです。 大きさは、大丈夫でしょう。


Top